川北恵美先生が日本内分泌学会2021年度若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました!
この賞は、35歳または最終学歴10年以内の若手研究者に対し、その研究成果と当日のプレゼンテーションを総合評価して授与されるものです。
川北恵美先生は、メトホルミンが、DPP4阻害により誘導される癌転移をmTOR制御を介して抑制しうることを、ヒト乳癌細胞を用いて解明しました。
研究の手法、精度、そして成果の社会に対する意義が認められ、21演題の研究発表の中から選出されたものと思います。 
今後も研究成果を通じて医学の発展に貢献し、社会的要請に応える臨床講座・研究室の維持・向上に努めてまいります。

 

賞状

医局長