みなさん、こんにちは!19年卒の‘おっくん’こと奥山です!

62日に内科地方会が出雲で開かれ、そこで演者として発表してきました。題目は「高Ca血症を合併した好酸球性心筋炎を呈した維持血液透析の1例」という非常に貴重な症例でした。

内分泌代謝内科入局後初めての発表であり、準備段階から右往左往の連続でした。しっかり準備をしていったつもりでしたが、いざ発表の時間になると緊張してしまいました。演劇部所属であったので人前でしゃべる経験は多いはずだったのに…

また発表がトリだったことも緊張に輪をかけました。おかげで発表中手が震えてレーザーポインターが揺れっぱなしでした…

この貴重な経験を生かして今後はより大きな学会でバンバン発表していきたいです!

学会発表は大変ですが達成感は筆舌尽くしがたいですよ!学生の皆さんも是非うちの科で味わってみませんか。

 

奥山