〇第27回臨床内分泌代謝Updateを主催しました〇

 集合

こんにちは。山本昌弘です。

11月24日、25日に日本内分泌学会の学術集会である第27回臨床内分泌代謝Updateを主催しました。

旧暦神在月の出雲地域で開催したかったのですが、様々な制約の関係から、神戸国際展示場で開催しました。

教授挨拶

 

山本先生 この学会の特徴は、内分泌の臨床を重視した全国集会であることです。

国内の内分泌各領域のリーダーの先生のご講演に加えて、症例のポスター発表が行える学会です。

所属を越えて、高名な先生に直接質問し回答が得られるのが最大の魅力です。

 

今回は2日間で400題を越える演題をいただきました。

 

 

 

 

 

  ご講演のスライドを掲載したポケットプログラムや、山内先生に奔走いただいた

学会バッグが足りなくなるほど多くの方に参加していただきました。

石原先生

 

 受付

 学会の主催は、かつてほどではないにせよ、医局員の労力を必要とします。

病棟管理を含め、医局の力を総動員し、無事閉会を迎えることができました。

 休憩