平成19年卒の田中賢一郎です。

 

今回アメリカミネアポリス(2012/10/10-15)で開催された2つの学会EFF/ASBMR 6th Fellows Forumと米国骨代謝学会(ASBMR)に参加してきたので報告させていただきます。

 

  EFF/ASBMR 6th Fellows ForumASBMRに先立って開催される若手研究者向けのForumで、昨年参加された当科の金沢先生に教えてもらい応募しました。今回世界16か国から計80 名が参加し、Forumでは20名ずつの4グループに分かれ基礎2コマ、臨床2コマ計4コマの講義を受けました。そして講義の後にはそれぞれの研究者が自分の研究についてポスター発表を行い質問し合いました。緊張感のある講義、ポスター発表の後には楽しい懇談会があり、同世代の研究者と仲良く飲食をしながら話しました 。日本人としては私以外にコネチカット大学に留学中の萩原先生が参加しておられ、木次牛乳の話で盛り上がりました()

ASBMRは骨代謝分野では最も大規模で情報量の多い学会です。当科からも6名の医師が参加しました。参加者が多いので立ち見しかできない口演もありました。しかし論文でよくみる名前の先生に質問できたり、同じ分野の研究をしている研究者達と話すうちに意気投合し連絡先の交換をした人もいます。学会での貴重な出会いを大切にしていきたいです。

 

 

 

また、今回ポスター発表演題「Muscle-derived Humoral Factor, Osteoglycin (OGN), Links Muscle to Bone」が若手研究奨励賞(Young Investigator Award)に選ばれました。発表の際にはたくさんの質問やアドバイスをいただき非常に勉強になりました。梶先生をはじめ、ご指導いただいた先生方本当にありがとうございました。写真は神戸大学の佐藤先生と一緒に撮らせてもらいました。

 

もちろん、学会で恒例の観光も楽しんできました。アメリカ最大のショッピングモールであるMall of Americaや彫刻庭園に行ってきました(写真)。ミネアポリスの夜は最低気温-2°Cと肌寒かったですが、日中の暖かい時間帯に矢野先生、小川先生とセグウェイツアーに参加し、ミシシッピ川周辺の観光名所を訪れました。快晴の青空の下で、とても気持ち良かったです。

貴重な経験をさせていただきました。今後も頑張ります。

医学生や研修医の皆さん、当科ではこんな経験もできますよ。ぜひ一緒に楽しみましょう!

 

 

 

田中賢一郎