仲田 典子

 私は2人の息子(5歳と1歳)の育児をしながら常勤として勤務をしています。勤務の具体的な内容としては、平日の週4日は大学病院での病棟業務、週1日は外来バイトに出かけます。また、夜間の当直や待機は幼い子がいるため入れませんが、その代わりとして平日の日中待機や月1回程度の土曜日の日直などを担当しています。平日の日中に仕事を集中させてもらっているため、平日の夕方以降や休日には子どもと過ごす時間も確保でき、on/offをはっきりさせながら過ごせています。

 我々の内分泌代謝内科は、手技を伴う検査や治療が少なく、育児をしていたら遅れをとるのではないかという不安は少ないです。育児中でも他の医師と同様にキャリアを積むことが可能であり、実際、私も育児をしながら糖尿病専門医を取得できました。

 ただ、育児や仕事に対する自身の考え方や家族や周りの方のサポート環境、自身の医師としてのステージによっても状況は変わってくるため、個人的には育児と仕事のバランスについては人それぞれで良いと思っています。大切なのは自分が今・近い将来・遠い将来に何をしたくて、何をすべきかを日々考えながら臨機応変に過ごしていくこととだと思います。